■子宮内膜症の症状


子宮内膜症の自覚症状として月経痛が激しい、鎮痛剤 が効かない、年齢を重ねる語とに月経痛が酷くなって いる、月経時以外にも下腹部に痛みがある、性交の時 痛みを伴う、排便の際に痛みがある、不妊症、血尿や 血便がでる等の症状が現れます。残念ながら、定期的 な婦人科検診を受けている方以外は、自覚症状が出て からしか子宮内膜症に気付く事ができません。定期的 な婦人科検診はとても大事ですね。

また子宮内膜が子宮の筋層内に発生する場合は子宮腺筋 と呼ばれ、子宮筋腫と良く似た症状が現れます。月経痛、 月経過多などが主で、子宮全体が肥大します。子宮筋腫 と子宮腺筋の違いは、発生原因が全く異なる点でしょうか。 子宮筋腫とは良性の腫瘍です。子宮の筋層に生じる良性の 腫瘍は子宮の収縮を妨げます。

そのために出血が増えたり月経痛が酷くなったりといった 症状が現れます。子宮腺筋症は子宮内膜症によって 起こる疾患で、月経の際の子宮内膜の剥離の際の出血や 痛みを伴います。また、筋層の肥大を起こした場合は 子宮筋腫との判別が難しくなります。子宮の大きさに よって、月経時の出血の量は決まりますので、筋層の 肥大によって出血量も増えてしまいます。

月経痛で毎月薬を使用し、ごまかしていませんか?以前の 私がそうでしたが、一度婦人科での検査をお勧めします。 薬で痛みを紛らわし、月日が過ぎるだけ、症状は悪化して いきます。薬をどれだけ飲んでも効かなくなって来ている 方は要注意です。

→【注目度上昇】病院不要の子宮内膜症改善パーフェクトプログラム

■本サイト人気コンテンツ


★ 子宮内膜症の原因
この病気の原因ははっきり解明されていませんが、月経血が卵管から腹の中に逆流し、そのまま留まってしまうことによるという子宮内膜移植説が最も有力です。他に腹膜・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の治療方法
治療には様々な方法があり、患者の状況により治療方針も様々です。痛みの程度、これまでの治療経過、現在および将来の妊娠希望の有無等の状況から、個々の患者・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の症状
自覚症状として月経痛が激しい、鎮痛剤が効かない、年齢を重ねる語とに月経痛が酷くなっている、月経時以外にも下腹部に痛みがある、性交の時に痛みを伴う、排便の際・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 不妊症との関係について
◆ 漢方による治療方法
◆ 具体的な検査方法の紹介
◆ 事前の予防のために
◆ 症状のレベル表現方法