■子宮内膜症の治療方法(手術療法 腹腔鏡手術)


直接病変の除去ができる、病状を目で見て把握できる などの利点がある手術療法の、腹腔鏡手術ラバロの 方法は、お腹に小さな穴を3、4箇所あけ、中に小さな カメラや器具を挿入し、モニターを確認しながら施術 を行います。

手術療法が必要な場合は、まず腹腔鏡にて、子宮内部 の状態を確認し、腹腔鏡手術で問題なければ、リスク の小さい腹腔鏡手術を続行しますが、子宮内膜症の 状態が予想よりも深刻な場合は開腹手術へその場で変更 しなければならないこともあります。開腹手術には、 きちんと目で確認しながら施術できるというメリット もありますが、反対に、手術操作による癒着を起こす 可能性がある、傷が残る、開腹に時間がかかる、などの デメリットがあります。

腹腔鏡手術なら術後の癒着も少なく、手術の傷も小さく すみ、患者への負担も少なく済む、回復も早いという メリットがあります。ただし、技術的に大変難しい手術 のようで、技術認定医に認定されていて執刀できる医師 は100例以上の経験があり、手術を撮影したビデオ 審査に合格した医師を技術認定医に認定しているそうです。

合格率も5割前後と低く、資格を更新するためには、 合格後も手術を続け、定期的な審査に合格する必要が あります。術後、妊娠を希望している方や、未婚の方、 若い方、その他の方もですが、手術をしたのに、上手く いかず術後の経過が悪いなどが無いように、医師選びは、 評判などを参考に、慎重に選びましょう。腕のいい医師 でも相性もあります。少しでも信頼できない要素がある ようでしたら、その他の医師を探す事をお勧めしますよ。

→【注目度上昇】病院不要の子宮内膜症改善パーフェクトプログラム

■本サイト人気コンテンツ


★ 子宮内膜症の原因
この病気の原因ははっきり解明されていませんが、月経血が卵管から腹の中に逆流し、そのまま留まってしまうことによるという子宮内膜移植説が最も有力です。他に腹膜・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の治療方法
治療には様々な方法があり、患者の状況により治療方針も様々です。痛みの程度、これまでの治療経過、現在および将来の妊娠希望の有無等の状況から、個々の患者・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の症状
自覚症状として月経痛が激しい、鎮痛剤が効かない、年齢を重ねる語とに月経痛が酷くなっている、月経時以外にも下腹部に痛みがある、性交の時に痛みを伴う、排便の際・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 不妊症との関係について
◆ 漢方による治療方法
◆ 具体的な検査方法の紹介
◆ 事前の予防のために
◆ 症状のレベル表現方法