■子宮内膜症の治療方法(薬物療法 偽閉経療法)


薬物療法の中でも偽妊娠療法より、治療効果が高いのが、 偽閉経療法です。薬剤投与によって閉経期同様のホルモン 状態にし、治療中のエストロゲンの量を非常に少ない レベルに抑えます。

更年期とは、卵巣機能が低下して、月経が停止する時期 のことを指します。月経のたびに痛みや多量の出血を 伴う子宮内膜症は、月経が止まってしまえば、症状は 軽減されるという事です。その理論を利用した治療法が 偽閉経療法です。

月経が不順になる 更年期の時期は、卵巣機能低下に伴いエストロゲンの他、プロゲ ステロン量も著しく減少してきます。特にエストロゲン は子宮内膜の増殖を促す働きを持っているので、エスト ロゲンの低下が月経の停止を招くことは証明されていま すので、擬閉経療法によってエストロゲンを低下させる と子宮内膜の増殖は抑えられ、結果として子宮内膜症も 軽快することになります。

使用される薬物は内服薬ではボンゾール・ダイナゾール・ バキサール・オイスロンなど、注射による投与には、 リュープリン・スプレキュア、経鼻薬ではスプレキュア・ ナサーニ・ブセレキュアなどがあります。内服薬には 体重増加や肝機能障害、血栓症などの副作用が、注射に 利用される薬は最も高い効果が期待されますが、注射針 を打つ負担や、性欲が減退しやすいなどの副作用に加え、 値段が高いというデメリットが、また、経鼻薬は、鼻の 疾患がある場合は利用できず、使用時に咽頭に流れると いう不快感を伴います。

その他にも偽閉経療法は長期にわたっての治療となると、 骨密度の低下などの弊害が出てくる為、弊害の出ない 半年間での治療が原則とされています。

→【注目度上昇】病院不要の子宮内膜症改善パーフェクトプログラム

■本サイト人気コンテンツ


★ 子宮内膜症の原因
この病気の原因ははっきり解明されていませんが、月経血が卵管から腹の中に逆流し、そのまま留まってしまうことによるという子宮内膜移植説が最も有力です。他に腹膜・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の治療方法
治療には様々な方法があり、患者の状況により治療方針も様々です。痛みの程度、これまでの治療経過、現在および将来の妊娠希望の有無等の状況から、個々の患者・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の症状
自覚症状として月経痛が激しい、鎮痛剤が効かない、年齢を重ねる語とに月経痛が酷くなっている、月経時以外にも下腹部に痛みがある、性交の時に痛みを伴う、排便の際・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 不妊症との関係について
◆ 漢方による治療方法
◆ 具体的な検査方法の紹介
◆ 事前の予防のために
◆ 症状のレベル表現方法