■子宮内膜症の漢方治療


子宮内膜症は、症状が軽ければ、漢方による治療も効果があるようです。漢方だと、不快な自覚症状を軽減または完治したり、西洋医学治療による副作用の心配が無く、治療後の再発を予防します。また、不妊症に対しては、妊娠率、出生率を高める効果もあります。 ・病変の程度が軽い人 ・不妊で悩んでいる人 ・ホルモン療法の副作用に悩んでいる人 ・ホルモン療法の効果を上げたい人 ・再発を予防したい人。このような人は、漢方を試してみると良いでしょう。

漢方では、子宮内膜症は、血行不良、冷え症、ストレスなどが原因とされています。血行不良だと、月経痛やレバー状の塊、下腹部痛などが起こります。これに対し、血行をよくし、余分な血液がしっかりと排泄されるようにする薬を用います。 代表的な薬として、冠元顆粒・血府逐お丸・きゅう帰調血飲第一加減などがあります。月経が止まると子宮内の血行も悪くなりますので、血府逐お丸などを併用すると良いでしょう。

ホルモン療法により、一時的に更年期症状が出た場合、のぼせやほてりを防ぐために瀉火補腎丸や加味逍遙散が用いられます。 冷え症やストレスが強いと、結構に悪影響をもたらしますので、体質改善が必要で、体質にあった漢方薬を専門店で処方してもらうと良いでしょう。漢方薬の効果は1ヵ月後か2ヵ月後の生理の時に体感することが多いそうです。

処方選択は、外観、舌の形や色、舌苔等を見たり、自覚症状や体質に関係のある質問を行って決定されます。 最近は漢方薬も顆粒剤などが多く出ていますが、子宮内膜症は煎じ薬が良く効くとされています。煎じ薬は匂いが強い、作るのが面倒と言う欠点がありますが、漢方薬の本来の飲み方なので効果も出るようです。

→【注目度上昇】病院不要の子宮内膜症改善パーフェクトプログラム

■本サイト人気コンテンツ


★ 子宮内膜症の原因
この病気の原因ははっきり解明されていませんが、月経血が卵管から腹の中に逆流し、そのまま留まってしまうことによるという子宮内膜移植説が最も有力です。他に腹膜・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の治療方法
治療には様々な方法があり、患者の状況により治療方針も様々です。痛みの程度、これまでの治療経過、現在および将来の妊娠希望の有無等の状況から、個々の患者・・・ 続きを読む

★ 子宮内膜症の症状
自覚症状として月経痛が激しい、鎮痛剤が効かない、年齢を重ねる語とに月経痛が酷くなっている、月経時以外にも下腹部に痛みがある、性交の時に痛みを伴う、排便の際・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 不妊症との関係について
◆ 漢方による治療方法
◆ 具体的な検査方法の紹介
◆ 事前の予防のために
◆ 症状のレベル表現方法